【間違えやすい韓国語】막상の使い方

韓国語ネイティブがよく使う表現です

今日はネイティブがよく使う表現のひとつ「막상」の使い方を勉強しましょう!

막상の使い方

実際に、いざ(~したら意外と~【状態】)

まずは例文を確認してみましょう!

막상 해 보니까 어렵지 않았어요.
実際に(いざ)してみたら難しくなかったです。

この場合は「難しくなかった」という状態と関係しているので막상を使うことができます

막상 영통이 시작되니까 아무것도 생각이 안 났어요.
実際に(いざ)영통ファンミが始まったら何も浮かばなかったです。

この例文は막상「何も浮かばなかった」という動作・状態を説明しているのでOKです!

기대 안 했는데 막상 보기 시작하니까 재미있었어요.
期待しなかったけど、実際に(いざ)見始めたら面白かったです。

もう慣れてきましたね!この場合は「面白かった」という状態を説明しています★

使えないパターン(×)

막상 청소하려고 했는데 만화를 읽어 버렸어요.(×)
いざ掃除をしようとしたら、マンガを読んでしまいました。

日本語の「いざ」という意味で막상を使いたくなりますが、この場合は誤りとなります。状態を説明する場合は막상は使えますが、この場合は状態を説明していないので막상を使うことはできません。

復習して自分のものにしましょう!

いかがでしたか?
今回勉強した「막상」を使って文章を作ったりしてみて復習しましょう!

youtubeで’막상’の解説をチェック!

今回紹介した’막상’の使い方をYoutubeで詳しく解説しています!
メンバーシップ限定のサービスとなりますが月額490円で過去の韓国語解説動画もすべて見ることができますので是非チェックしてみてくださいね★

막상’の解説動画はコチラ

【韓国語学習の味方!サイ先生YouTubeメンバーシップについて】

2021年6月27日

間違えやすい韓国語の他の記事

【間違えやすい韓国語】「챙기다」4つの使い方